2012年06月05日

シオマネキ

毎日のように宮良川へ出かけている。
オキナワハクセンシオマネキの行動を見ていると
本当に飽きない。そのシオマネキに混ざって
ベニシオマネキやヤエヤマシオマネキ、
ヒメシオマネキの姿も見るが、こちらはなかなか
写真に収める事が出来ない。
ベニシオマネキは敏感ですぐに穴に隠れ、
用心深いのかなかなか出てきてくれない。
がやっと撮れた。
Sbeni.jpg
名の通りまさに紅色をしている。個体により紅色の
部分が異なるが、足の色が左右で異なっていた。
そしてヤエヤマシオマネキ。こちらは足場の悪い
泥のぬかるみにいることが多くこれまたなかなか撮れない。
が今日は撮れた。
Sbeni2.jpg
ヤエヤマシオマネキのメスである。オスは片方が大きいハサミ
をしているが、全く異なった種類のカニに見える。
残念ながらまだ写真に撮ることが出来ていないため
お見せできないが、早く撮影してみたいものだ。

干潟探検するなら・・フィールドネイチャー石垣島
スマートフォン・携帯サイトは・・こちら
qrcode1.gif


posted by massami at 18:32| Comment(0) | 干潟の生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。