2012年12月19日

オヒルギの白線

Ssen.jpg
汽水域に生える植物の一つオヒルギ。
石垣島の宮良川には群生して生えているため簡単に
見る事が出来る。
そのまっすぐに伸びた比較的太い幹にはどの木にも
同じ高さに白っぽい線が何本も付いている。
この写真でも分かると思うが、これがまさに
川の水位を現している。
水位の高い時はこの横線の所まで来ていて、
水面の汚れが付着するため同じ高さにできるのである。
干潮時になると写真以上に水は低くなり木の根がもっとよく
見えるようになる。
自然の不思議の一つで、水位により景色も大きく異なる。
だからか私はこの川で何年もカヌーのガイドをしていても
飽きることがないし楽しい。
水位と天候、季節、時間で様々な顔を見せてくれる。
短時間で変わることもあればあまり変わらない日もある。
いつも新鮮な気持ちになれる。凄い力を持っている。
お客様にはその一部しか見て頂くことが出来ないがそれでも
感動や楽しさを分かち合え、うれしくもなれる。
是非その気持ちを多くの方に味わっていた飽きたいと
いつも思っている。

石垣島でカヌー体験をするなら・・フィールドネイチャー石垣島
スマートフォン・携帯サイトは・・こちら
qrcode1.gif


posted by massami at 16:16| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。