2013年01月23日

カニステルを食べてみた

ちょっと変わった名前の果物、「カニステル」が売られていた。
私もだが、食べ方も知らない人が多いようでちゃんとメモが
入っていた。
初めて食べる果物。どんな味がするのか、美味しいのか、
甘いのか、さっぱりしているのかまったく検討がつかないが
物珍しさもあって買ってしまったのだ。
Skanisuteru.jpg
「常温で追熟してください。」とあったのでしばらくそのままに
しておき、4日後、ふとみると皮が割れていた。
購入時の写真と比べると
どうやら熟してきたようでオレンジ色に変わっていた。
そのメモをよく見るとちゃんと書いてあった。
「完熟すると自然に皮に割れ目が入ります。」
「水分がなくふかした芋を食べたような食感は〜」
さっそく皮をむく。
(写真撮り忘れた。)
確かに水分がなく果物らしさがなかった。
ふかしたサツマイモやゆで卵の黄身の様な色と触感で
皿の上にぽろぽろと落ちる感じもまた似ていた。
食卓にサツマイモと黄身と一緒に並べたいたら
ぱっと見分からないだろう。
さて、味の方は・・
うーん。なんというのか。難しい。
食感は上記のようで、味は南国の様々なフルーツが
混じっているようで甘すぎず、ほんのりと甘かった。
食べる手は止まらないというから美味しかったと
言うことになるし、「また買ってきてね。」
と言われたから味を言葉で表現するのは難しいが
美味しいのだ。とても変わった果物を食べた。
石垣島にはまだまだ食したことのない果物が
いっぱいある。またいろいろ食べてみようと思う。

石垣島で遊ぶなら・・フィールドネイチャー石垣島
スマートフォン・携帯サイトは・・こちら
qrcode1.jpg





posted by massami at 17:59| Comment(0) | 果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。