2013年09月30日

タブノキ

春、ホタルが乱舞する山へ久しぶりに出かけてきた。
殆ど人の手が加わっていない所は自然の森の姿、
競争の世界が見られる。
様々な植物が一本の木にからみついている。
このタブノキもそうだった。
Stabunoki.jpg
見上げると空高く伸びてはいるものの途中には
オオタニワタリ(シダ植物)ハブカズラ(つる植物)
ガジュマルアコウ(クワ科)の根がからみつき(絞め殺しの木)
タブノキを被い枯らてしまおうとしている。

人間の手が加えられ、整備の行き届いている所の木々より
自然の中で生きるためのすべを身につけているこれらの
木の方が恐ろしくもあるが、たくましくもあり、私は好きだ。
自然の姿を見せてくれる木々の中を歩いていると心地よく
心穏やかになれる。

石垣島で遊ぶなら・・・フィールドネイチャー石垣島
スマートフォン・携帯サイトは・・こちら
qrcode1.gif


posted by massami at 22:27| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。