2015年01月17日

仮死状態の魚

石垣島の冬といえば、平均気温が18度くらいなのですが、
島の人にとって20度を下回ともうそれは真冬並みの寒さ。
とても寒いのです。
冬は北風が強く、気温は高く見えても
体感温度は寒く感じます。
石垣島ではこの北風の事を方言でニイミシーと呼んでいます。
石垣島でも冬の時期に、気温が10度くらいまで下がる日が
時々あります。
私はまだ見たことがありませんが、そんな日は
海に行って見ると浜辺に仮死状態になった魚が打ち上げられているとか。
仮死状態だから新鮮な魚です。
見つけたら儲けもんですね。
ここ最近はそんなに寒い日がないので、見れないですが、
仮死状態の魚、見てみたいですね。


posted by massami at 14:01| Comment(0) | 海辺の生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。